おっほほ~;;入学式で仲良くなった人未成年だと思ってたら成年だった;;

は?何言ってるのかな?と、思ったそこのキミ!ボクもそう思います。

 

今日は入学式があったんだけど、ボクはスーツも革靴も持ち合わせていなくてね。

なんとかカッターシャツと黒ベストにアンクルパンツの出で立ちで入学式にいざ出陣したんだ。

だけども今日はとても風が強かったからその時点でテンションが落ちちゃった。

ボクは軟毛に軟毛を重ねているからちょっとした風でもすぐ髪が吹き飛んでしまう。

その瞬間そこにいた一人の人間はハンプティダンプティみたいなおにぎり小僧になりさがった。まあ桜が綺麗だったからどうでもよかったけどね!

 

会場についてからはずっとスマホ版のインデックスを打ってた。

あの日以来ボクはインデックスに勝ちたい当たりを引き当てたい。その幻想をぶち壊したい衝動に駆られていた。いつか来るリベンジの日の為にスマホアプリで予習をかかさないようにしてた。

 

 

それから幾ばくか過ぎて式も終わったし記念写真とるべーよ!ってなった。

で、隣にいた人と喋ってたんだけど会社が倒産してね~hahaha!とか急に言い出したんだ。え?怖い、え?身長僕より低い、え?怖い、え?周りにおじさんしかいない え?え?え?え?え?倒産?え?え?コロナ?え?ここどこ?

 

これがボクだけがいない街?

慣れ親しんだ街のはずなのになんだか全然知らない所のように思える。

しかもボクは敬語使ってなかったんだよ~;;治すかな治まいか悩む。

ま、いいか

 

他人の事で悩むことは無駄が過ぎる。

どれだけ仲良くなっても所詮は他人。いざというときに本当に助けてくれるのかな?

自分を助けることができるのは自分が持つ知識や肉体のみ。

他人なんか信じると後悔する。全員死ねや!