キミ達なんか大っ嫌い

いい加減にしてよ!キミ達には懐疑的だったけど本当に失望したよ。

キミ達は昨日の記事見た?見てないんだろ!

ボクがあのSSにどれだけの時間をかけたか知っているかい!?

一時間だよ!一時間かけてあの大作を書きだしたんだよ!

その一時間の中に伏線やらネタが隠されていてあれはもうSSと等しいものじゃない!

 

難癖がいいの?糖質がいいの?迎合すればいいの!?

 

 

 

ボク頑張ってたよね...なんでこういうことするの?...

 

 

 

もういい。じゃあこれからは糖質記事しか書かないから。

全部に難癖付けるから。ひどい言葉も使うから!

今まで極限までオブラートに包んできたけど、もう包まない。

 

人は嫌いな人に対しては何処までも残酷になれる。

ボクは前まで嫌いにこそなれど残酷にはなれなかった。

でも、もう昔の優しいボクはいないから。

爆弾も爆発したしね。キミ達の好感度下がったもん。

 

ばーか!

圭「眞子、俺もう時間ねンだわ」

圭「眞子、俺もう時間ねンだわ」

 

眞子「で、でも...これじゃあなたが...」

圭「ウッ!」 ピーピー

眞子「ッ!...いや!死なないで!」

圭「眞子...すまねンだわ」

 

2020年小室圭は大衆の悪意により息を引き取った。

4月7日。奇しくもキリストが死んだ日であった。

 

 

2021年

総本家地下の某所

悠〇を改造、量産しKを殺害した屑日本人共を浄化する計画が進められていた!

この研究には宮〇庁やある人物が関わっていたと推察されるが定かではない。

 

眞子はこの研究の主任である。

その目は朧気で復讐しか映し出されていなかった。

 

 

2021年4月7日

眞子「まっててね?圭、今から浄化を始めンだわ」

悠〇量産型が次々に起動していく。

 

悠〇1「...ネンダワ」

悠〇2「...ネンダワ」

悠〇3「...ネンダワ」

悠〇4「...ネンダワ」

〇仁5「...ネンダワ」

 

 

12345「ネンダワー!!ネンダワー!!」

 

この量産型、将棋の駒を投げつけ攻撃するというシンプルなものだが

そのシンプル故攻撃力・燃費・防御力・機動力、全てにおいてこれに勝るものなし。

後の人間はこの量産型を畏怖の念を込め『ロイヤルガイジ』と呼んでいる。

 

 

勿論、人間もただ抵抗しないばかりではなかった。

このロイヤルガイジ(以下ロイヤルと呼称)に対抗すべくある男が立ち上がった。

 

名を薫という。

この男の家には代々伝わる武器があった。

その武器は一見60cmの棒に果物ナイフ2本が取り付けられた即席槍にしか見えないが

ロイヤルを倒すときにのみ真の姿であるロンギヌスを現界させる。

 

 

 

激戦の末ついにロイヤルを倒した薫であったが力尽き倒れる。

世界はこの激戦で疲弊し滅亡の危機に瀕していた。

 

 

ただ、この激戦の余波で眞子ももう幾ばくもなかった。

眞子「ごめんね、圭...私...あなたのことを...」

圭「眞子、もういいンだわ」

圭「眞子はいつも頑張りすぎンだわ」

圭「少し俺と休むンだわ」

 

眞子の顔にはもはや憑りつかれていた様子はなく、どこか安らかであった。

 

 

 

圭「皆、すまねンだわ。ヒサは本当は操られていただけなンだわ」

圭「今から眞子と俺の力を使って世界を修復するンだわ」

 

眩い光が世界を覆った。

 

 

 

2022年

今日も鳥は歌い心地よい風が人々を包んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはフィクションです

口内炎にLemonを垂らしてみたら胸に残り離れない苦いレモンの匂いがした

夢ならばどれほどよかったでしょう

 

 

 

 

 

 

前置きはさておいて、ボクはここ数日口内炎に悩まされていてね。

どうやら治癒するのに十日ほどかかるらしい。

流石にボクもそこまで待てないから色々調べて塩とかレモンとか、所謂民間療法を試してみることにしたんだ。

 

 

それで結果なんだけど...分かるだろう?

こんな箸にも棒にも掛からない物そう易々と信じる人はいないと思うけどね。

ボクはあくまで実験だからね。

 

 

一つだけ言えることはこの俗説を考えた人間をボクは絶対に許さないって事かな。

多分こんな邪説を考えた人間は人が痛がるのを至福とする最低な人なんだろうね。

ボク自身が受けた痛みよりもこの邪な説で誰かが傷ついたのが許せないんだ。

 

 

まぁこうやって義憤を募らせていても今は無駄だね。

 

 

それからボクがやったのは熱したスプーンを当てるっていうの。

これがとっても凄いんだ!

完治はしないまでもだいぶ良くなったよ。

欠点は危ないことぐらいかな。おすすめだよ。

 

 

 

 

許せない。人は本当に痛いと笑ってしまうんだね。良く分かったよ。

やっぱり民間療法なんか信じてLemonなんて浸けるもんじゃないね。

 

きっともうこれ以上 傷つくことなど
ありはしないとわかっている


あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
今でもあなたはわたしの光